タヒボの語源

タヒボってなんだか不思議な響きだね。タヒボは現地の言葉で『神からの恵みの木』という意味なのよ。古代先住民の人たちは、タヒボの木がとても神秘的で美しかったから『オー、タヒーボ!タヒーボ!』と叫んだそうよ。『オー、タヒーボ!タヒーボ!』

タヒボってなんだか不思議な響きだね。タヒボは現地の言葉で『神からの恵みの木』という意味なのよ。古代先住民の人たちは、タヒボの木がとても神秘的で美しかったから『オー、タヒーボ!タヒーボ!』と叫んだそうよ。『オー、タヒーボ!タヒーボ!』

「タヒボ」、この不思議な響きはどこからきたのでしょうか。
実はタヒボという名前には深い秘密が隠されているのです。
1500年の昔、まだインカ帝国が発祥するはるか前から、その土地に住む民族はアマゾンに茂る植物を利用していました。

その中でもひときわ目立つ、太陽を求めて、高く、高くより高く成長していく一種類の木がありました。その高くそびえたつ木は太陽の光をあびて、人々に何かを指し示しているようであったと言われています。

あまりの美しさと、神秘的な魅力に人々はとりつかれ、思わずこう叫びました。

タヒボの原木『オー、タヒーボ!タヒーボ!』

実は「タヒボ」とは、現地の言葉で『神からの恵みの木』という意味なのです。きっと、先住民たちはあまりの美しさに「TAHEEBO(タヒボ)」と叫んだのでしょう。

14〜16世紀に繁栄したインカ帝国では、先住民の人々はタヒボを求め、時には金(ゴールド)と交換してまで手に入れたと記録されています。

タヒボは一族の長だけが、手にし、人々に分け与えていたと言われています。一族の長にしか扱えなかったということは、当時からタヒボは大変貴重な樹木であったわけです。

▲ページTOPへ

「タヒボNFD」無料サンプル&資料プレゼント

「タヒボNFD」無料サンプル&資料プレゼント
お電話からのお申し込みご注文はこちら 0120-79-0095