一番ポピュラーな煎じるタイプ
「タヒボNFD」ティーバッグタイプ

「タヒボNFD」ティーバッグタイプ

ティーバッグタイプは煎じて飲む、最もポピュラーなタイプです。茶殻の処理も簡単です。

「タヒボNFD」ティーバッグタイプ150g(5g×30包)
20,000円(税別)

「無料サンプル&資料」を請求する

タヒボNFD」は、添加物を一切使用していない、しかもノンカフェインの樹木茶ですから、どなたにも安心してお召し上がりいただけます。 そして、ビタミンやミネラルなど、健康維持と美容に欠かすことのできない各種の栄養成分がバランスよく含まれています。 ティーバッグタイプは煎じて飲む、最もポピュラーなタイプです。茶殻の処理も簡単です。

「タヒボNFD」ティーバッグタイプの作り方 (標準の濃さ・1日分)

「タヒボNFD」ティーバッグタイプの作り方

1
直火用のポットに水1リットルを注ぎ、ティーバッグ1袋を入れます。 火が強すぎるとティーバッグが浮いてしまい、よく成分が抽出されません。 ティーバッグが沈んだ状態で煎じてください。
2
ティーバッグが浮かないよう、蓋をずらした(取り外した)状態にして
ポットを火にかけます。
3
沸騰したら弱火にして30分煎じましたら出来上がりです。
ティーバッグはポットに浸したままでもかまいません。

※「タヒボNFD」を煎じるときはガラス製、陶製、ステンレス製、またはホーロー製のポットをご使用になることをお勧めします。
特に鉄製・銅製・アルミ製のものはお避けください。
鉄や銅などが、タヒボに含まれる渋味成分のタンニンと結びつき、風味を損なうためです。お茶の色も暗赤色に変化し、見た目も悪くなります。
※圧力鍋だと、10分間でタヒボ茶の有用成分が十分抽出できると報告されています。

「タヒボNFD」の濃度は飲用目的に応じて調整していただけます。
詳しくは弊社までお問い合わせください。
専門アドバイザーがお客様に最も適した飲み方をアドバイスさせていただきます。

二番煎じについて

「タヒボNFD」ティーバッグタイプ、粉末タイプは二番煎じまでお楽しみいただけます。
一度煎じた終えた「タヒボNFD」ティーバッグ2袋を1リットルの水に入れ、30分煎じましたら出来上がりです。

「タヒボNFD」ティーバッグタイプ 栄養成分表示

基礎成分(1包5g中) 熱量 18Kcal 炭水化物 4.1g
蛋白質 0.2g ナトリウム 0.1mg
脂質 0.1g (食塩相当量) 0.0g
ビタミン類(1包5g中) 葉酸 0.2μg イノシトール 3.70mg
ミネラル類(1包5g中) カルシウム 141.0mg マグネシウム 2.8mg
0.15mg 亜鉛 0.04mg
カリウム 7.5mg 0.01mg
リン 0.7mg マンガン 0.05mg
その他(1包5g中) 無水カフェイン 0mg    

財団法人日本食品分析センター 試験成績書発行年月日:平成20年4月2日 試験成績書発行番号:第208031182-001号

TAHEEBO NFDタヒボNFD)は、タヒボジャパン株式会社の登録商標です。
類似品にはご注意ください。
(商標登録番号 第4662900号)

この商品を買った人はこんな商品にも興味を持っています

▲ページTOPへ

「タヒボNFD」無料サンプル&資料プレゼント

「タヒボNFD」無料サンプル&資料プレゼント
お電話からのお申し込みご注文はこちら 0120-79-0095